タイ古式マッサージスパ スクール Viengping CHIANGMAI (V-チェンマイ)

タイ古式マッサージとは | タイ古式マッサージスパ スクール Viengping CHIANGMAI(V-チェンマイ)

タイ古式マッサージとは、
ヨガ・指圧・整体とも通ずるタイ王国の伝統医療のひとつです。
身体の凝りをほぐすだけではなく、全身の血流と気の流れを良くすることで本来の体調を取り戻し、
自然治癒力を高め、健康的な肉体と精神を取り戻すという施術法です。
そのルーツは今から2,500年前のブッダの時代に遡ります。
タイにはその原型が仏教と共に伝わり、タイの寺院の僧侶から僧侶へ受け継がれながら、
独自の発展と実践的なスタイルが体系づけられました。

世界で一番気持ちいいといわれるタイ古式マッサージ

タイ古式マッサージを学んでみませんか?

タイ古式マッサージの歴史

 タイマッサージの起源は、今から2,500年前に遡ります。

 当時、ブッダを中心に形成されていた仏教僧集団「サンガ」の筆頭医師であった、シヴァカ・ゴーマラバット師が創始者と言われております。

 彼はマッサージの技術だけでなく、ハーブやミネラルに備わっている「癒しの力」も発見しました。彼の伝説は、現存する様々な仏教文献に残されております。

 その中のひとつ、「四部律(4種類の戒律書)」には、彼が行った治療行為が記されており、現代でも通用するほどの仏教医学のレベルの高さを知ることが出来ます。  

タイ古式マッサージの種類

タイ古式マッサージの種類

現代においては、タイマッサージには2つに分類されます。

・医療とされていたマッサージ・・・治療の為のマッサージ
・リラクゼーションマッサージ・・・癒しのマッサージ

の2つとなります。
医療マッサージについては、タイで数年のカリキュラムを修業し、更に難関な国家試験に合格しなければなりません。お金と学歴がないと取得が難しい資格です。

皆さん(外国人)が勉強するのは、リラクゼーションマッサージになります。ですが、このリラクゼーションマッサージにも「治療のテクニック」が盛り込まれており、奥の深いマッサージとなっています。

当スクールでは、バンコク式・チェンマイ式に拘らず、
タイ古式マッサージの基本から実践編まで幅広く学べます。
皆様のお申し込みをお待ちしております。