タイ古式マッサージスパ スクール Viengping CHIANGMAI (V-チェンマイ)

チェンマイとは | タイ古式マッサージスパ スクール Viengping CHIANGMAI(V-チェンマイ)

バンコクに次ぐ、タイ第二の都市 北方のバラと呼ばれる美しい古都 チェンマイ

チェンマイ 夜景

皆さんタイと言えば「バンコク」をイメージする人が多いのではないでしょうか。
バンコクは確かに首都ということもあり観光旅行ではまず名前が挙がる場所ですね!
しかし今「チェンマイ」という都市が注目されているのをご存知でしょうか。

「チェンマイ」はタイ王国第2の都市で別名「北の薔薇」と呼ばれています。
バンコクから北へ約720キロほど離れたところにあり、バンコクからチェンマイまでの所用時間は
飛行機では1時間30分、バスでは約10時間ほどかかります。

面積としては日本の四国と同じ位の広さを持ち、人口は168万人、日本人は現在約4000人近く在住しています。
そんなチェンマイの魅力は大きく分けてずばり「料理」、「自然」、「歴史」の3つと言えますね!

チェンマイの3大祭り

世界中から観光客が集まり、お祭り期間中はチェンマイでは珍しい渋滞も発生いたします。
どれも楽しいお祭りばかりですが、本来は宗教的な行事から発展してきたものもございます。
お祭りにご参加頂く前に、是非お祭りの歴史や意味をご理解いただきたく思います。

チェンマイ コムローイ(ランタン飛ばし

コムローイ(ランタン飛ばし)

コムローイと呼ばれるお祭りをご存知ですか?
そう、あのディズニー映画の“塔の上のラプンチェル”のモデルになったお祭りです。
コムローイと呼ばれるランタンを一斉に夜空に打ち上げる様子は、息をのむほどの美しさ。その幻想的な光景はメディアでも話題になり、世界中で益々注目度が高まっています。
1年に1度開催される仏教のお祭りです。メインイベントではブッタへの敬意、お願い事を込めてコムローイと呼ばれるランタンに火を灯し、一斉に空に放ちます。

チェンマイ コムローイ(ランタン飛ばし チェンマイ コムローイ(ランタン飛ばし
チェンマイ ソンクラーン(水掛け祭り)

ソンクラーン(水掛け祭り)

タイのお正月に開催されます。元々は純粋に新年のお祝いであり、家族が一堂に集まり、仏像や仏塔に水をあけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水を掛けお清めをし、相手に敬意を示すものでした。
しかし、近年では、水を掛けるところは手のみに限定されず、水を掛ける行為自体「敬意を払う」という意味合いを持つ為に、無礼講状態となります(ただし、僧侶にはかけない)。それが転じて街の往来で通行人同士が水を掛けあって楽しむ「水掛け祭り」として世界中で知られるようになりました。
この水掛けは全国で行われていますが、チェンマイにおける水掛祭りが最も派手なものとして有名です。

チェンマイ ソンクラーン(水掛け祭り) チェンマイ ソンクラーン(水掛け祭り)
チェンマイ花祭り チェンマイ花祭り

チェンマイ花祭り

バラエティに富んだ花の栽培も盛んなチェンマイでは、毎年2月にその美しさを競うお祭りが開催されます。お祭りのハイライトには色鮮やかな花で覆われた山車のパレードが行われ、毎年数十ものグループが参加いたします。生花で飾られた華やかなフロートは「創造性」・「美しさ」・「伝統文化」の三部門のコンテストで競い合われます。
また、チェンマイは美人が多いことでも知られており、ビューティーコンテスト(ミス花祭り)も注目の的です。

そのほかにもフードフェア、OTOP(一村一品)の展示、ミュージックショウなど多くの楽しい催しが同時に開催されていますので、タイの美しい花の祭典を心ゆくまでご堪能いただけます。
余談ですが、チェンマイは世界一の蘭の名産地です。

( 写真の出典元 : https://www.thailandtravel.or.jp/chiang-mai-flower-festival/ )

チェンマイ・タイ料理

『タイ料理は辛い』、『パクチーやココナッツミルクが臭い』などのイメージを持たれている方も多いと思いますが、チェンマイの味付けは、その皆さんのイメージをいい意味で裏切るでしょう。辛さは程よく、味に深みがあり、日本人の方に合う味と思います。
チェンマイは料理がおいしい街です。
その地域性から、肉では鶏肉と豚肉が多く、野菜やハーブ、キノコを使った料理が多いのも特徴です。
ここではチェンマイ料理に限らず、スタッフが勝手に選んだオススメメニューをご紹介いたします!

チェンマイ カオソーイ

カオソーイ(カレー麺)

ラオスから伝わってきたとされるカオソーイ。カレーが好きな日本人には受け入れやすい味です、有名店は辛さとココナッツミルクのバランスが絶妙です。

チェンマイ ラープ

ラープ(ひき肉の辛炒め)

こちらもラオスから伝わったと割れる料理。挽肉をハーブや辛唐辛子と混ぜて炒めた料理です。
お菓子のプリッツにもラープ味があるほど有名な料理です。タイ人にはカオニャオ(もち米)と一緒に食べるのが人気です。
※ 牛挽肉で作った「生ラープ」という料理があります。名前の通り、生挽肉にハーブと唐辛子を混ぜ、最後に牛の血をかけて食べます。胃腸の弱い方は避けたほうが良いでしょう。

ソムタム

ソムタム(青パパイヤのサラダ)

まだ熟していない青パパイヤを太めに千切りにし、各種材料と一緒にタイの臼で叩き混ぜます。タイではポピュラーな料理で、「ソムタムの歌」があるほどです。味は辛さと酸味が効いたさっぱり味。一緒に入れる材料によって様々な味に変化します。

ムーガタ

ムーガタ(食べ放題)

こちらは庶民の味方、食べ放題。ムーは「豚」、ガタは「鍋」の意味で要するに焼肉と鍋が同時に楽しめるスタイルです。
魚介類、デザートもあり、そして安い。子供連れには人気のお店です。タイのファミリーレストランといった場所でしょうか。

ムーガタ ムーガタ
チェンマイソーセージ

サイウア(チェンマイソーセージ)

様々なハーブと唐辛子が入ったソーセージです。有名店のサイウアは、ハーブのバランスとジューシー感が違います。
因みにビールとサイウアは最強のコンビです。

カオニャオ・マムアン

カオニャオ・マムアン

砂糖・塩で炊いたもち米にマンゴーを添えた定番デザートで、塩を使っているのでより甘さが引き立ったデザートです。
お好みでココナッツミルクをかけると、さらにまろやかで甘く、また違った味を楽しむことが出来るのが面白いデザートです。

ランブータン

ンゴ(ランブータン)

日本でも最近見かけるようになってきたランブータンですが、タイ産ではなく、日本で見かけるものはNZ産かAT産。
見た目はイガイガした刺の様な毛が一種異様な風貌のエキセントリックな果物です。名前の由来はマレーシア国境近くに住んでる「ンゴ」という少数民族の頭にそっくりだということから名づけられたそうです。
食べる際に果肉に種の薄皮が張り付くのが少々難点ですが、さっぱりとした甘さがあるのに対し、意外にカロリー控えめで、「美」の源ビタミンCが豊富です。
ダイエット中の方でも気兼ねなく食べられそうです。

マンゴスチン

マンクット(マンゴスチン)

ヴィクトリア朝を作り上げた、旧大英帝国のヴィクトリア女王の好物だったことから「果物の女王」と呼ばれるようになったマンゴスチン。
さっぱりとした甘さと爽やかな酸味がまさに「女王様」の品格を漂わせてくれるタイを代表する果物です。

チェンマイの名所

バーン・トン・ルアン
(首長族にも会える民族村)

あの有名な首長族も住んでいます。その他にカレン族・ラフ族・アカ族・モン族・パロン族・カヨー族・ヤオ(ミン)族がいます。
刺繍が得意なモン族が作るポーチやクッションカバーなどは独特の色合いで可愛いものばかりです。お土産にご購入も可能です。
また、訪問の際、日本の飴などをご持参いただくと子供達も『日本のお菓子アローイ!』と大喜びです。

タイガーキングダム
(トラと触れ合い記念撮影)

タイでも珍しいトラの施設です。トラの檻に入り、触れ合い、一緒に記念撮影ができます。トラはGIANT・BIG・MEDIUM・SMALLと大きさごとに分けられていて、スタッフのオススメはGIANTです。やはり、迫力が違います。
因みに、現在まで事故はないようです。

チェンマイの名所 エレファントキャンプ

エレファントキャンプ

チェンマイには数か所のエレファントキャンプがあります。施設内では「象の水遊び」 ・ 「絵を描く象のショー」などを観ることができ、「エレファント・ライド」もお楽しみいただけます。

チェンマイの名所 寺院

チェンマイの歴史・古刹・名刹

700年以上も前にランナー王朝の「都」として建設されたチェンマイ。その歴史の深さから『タイの京都』と呼ばれることもあります。
その歴史はチェンセーン(現在のゴールデントライアングル)から勢力を拡大してきたメンラーイ王が、現在のランプーンまで支配下に置き、1296年にチェンマイに新首都を設立しました。これがランナー王朝の始まりとなります。その後、約300年間栄えましたが、徐々に衰退。最後はビルマに征服され、それから約200年もの間、ビルマVSアユタヤ、ビルマVSサイアーム(シャム)王朝が全土を統一し、タイ王国となります。
女性の方へ:ショートパンツやミニスカート・ノースリーブ等の露出の高い服装での拝観は出来ませんのでご注意ください。

チェンマイの名所 寺院 チェンマイの名所 寺院

チェンマイのまとめ

歴史と伝統を受け継ぐ街並みと、大自然の調和がチェンマイ最大の魅力です。

タイ北部の言葉で「新しい街」という意味をもつチェンマイ。
その建都は1296年にメンラーイ王によって行われ、720年以上の歴史があります。そして、タイ北部の独自に発展したランナー文化や芸術が育まれ、120もの寺院がひしめき合うチェンマイは「タイの京都」と呼ばれる事もあり、世界中の旅行者から愛されています。

要するにチェンマイは『とてもバランスの良い田舎街』なんです!
そして、わびさびを織り交ぜた風情ある「歴史」
空を仰ぐとどこまでも続くような広大な「自然」
日本人にもバッチリな「料理」と誰もが楽しめる観光地なんです!

ここでは時間がゆっくりと流れ、生活する人々はみんな笑顔で優しくチャーミング。誰もが楽しむことができる街です。そんなチェンマイをあなたも是非一度体感してみてはいかがでしょうか?訪れた後は心も体もトリコになること間違いなしですよ!